Topに戻る
ジョン・ボルトン氏2006年国連大使の時イスラエルでの安全保障会議で会い、ワシントンでも度々議論もしたがとにかく率直と言うか毒舌家でネオコンの代表格。民主党から最も嫌われている御仁。マクマスターに代わって国家安全保障会議安全保障担当大統領補佐官に任命された。三役ネオコンがそろったがトランプの軍産目くらましか。201803
水泳7種目全て金メダル獲得で世界的に有名なマーク・スピッツ(Mr. Mark・Spitz)に会った(モナコのホテルプールサイド)。氏は27日開催第18回Laureus Sports For Good(WEB参照)の大会にスポーツの殿堂として参加。本機構は「スポーツで世界を変えよう」、「スポーツで世界の恵まれない子供たちに光と希望を」と18年前第一回モナコ大会でのマンデラ(南アフリカ)の言葉を実行してきた。平昌冬季オリンピックもスポーツが世界平和に果たす役割がいかに大きいかを教えてくれた。ここモナコでスポーツで世界に貢献する素晴らしい方々と裸で触れ合う機会を得た。201802
約5000年前、ブルドーザーもクレーンもない時代、常時10万人を動員して建造されたピラミッド。強固に保護された棺と装飾品の数々。古代の大規模な失業対策だ。盗難、破壊、再建の歴史が刻まれている。今スクラップ・アンド・ビルドの為に中東戦争が計画されている。人間は神を崇めながら神から遠ざかっている。201802
 ホテルから撮影:エジプト・ナイル川。201802 
Mr. Shafik Gabr氏は中東の大富豪、エジプトとアメリカ・欧州の要役。201802
Mr. Shafik氏の豪邸での会合。ワシントンでのエジプト関連会合同様私は一番奥の中心席 私に北朝鮮に関する質問が集中した。新任フランス使、ギリシャ大使、IMF理事、その他大手銀行CEO。大勢の食事の中央は増田です。201802
昨年10月ワシントン会議では制服、今は背広。エジプト国防長官主席補佐官。2018.02
写真上: ヘンリー・キッシンジャー
写真下:シェルドン・アデルソン
キッシンジャー氏は、誰もが知るアメリカのゴッドファーザーでありキングメーカー。アデルソン氏同様昨年5月トランプ候補支持を決め、氏を自宅に呼んでアメリカの指針転換のレクチャーを行った。アデルソン氏は貧困から身を立てたカジノ王で$41billion(約4兆円)の世界第19位の富豪。祖国イスラエルの為共和党支持者で大統領選ではトランプに応援資金としては史上最高の$25M(約2,700億円)と共和党へ与えた$65M(7,200億円)、さらに無形の支援を加えると$100M(1兆1,000億円)になる。私はトランプ候補がキッシンジャー氏とアデルソン氏の支持を得たので「もう選挙をする必要がなくなった」と述べたのはご存知の通り。2018.02
エジプト大使アイマン・アリ・カーメル氏:氏と中東情勢とトランプ中東戦略などにつき意見交換。来月早々エジプトに行く。トランプ対軍産の主導権争いがサウジ対イランの対立、さらに中東戦争に発展する。エジプト軍の協力なしにサウジは戦えない。エジプトがキャスチングボートを握っている。2018.01
氏は米下院議員でアメリカの中東戦略、特にアメリカとエジプト、サウジ関係が専門。 アメリカ内部の主導権争いについては「小冊子」Vol.95に詳しく解説しているが、旧勢力にとって氏は邪魔な存在。忘れたほど昔の女性とアメリカの習慣である挨拶代わりのハグとキスを交わしたのがセクハラ だと訴えられ1月中に辞任すことになった。アメリカだけだと思っていたら、なんと日本にもセクハラ事 件屋がいるというので驚いている。2018.01
ハワイの新年は「ソニーオープン」から始まる。 松山英樹が出ないのが残念だが宮里優作が活躍してくれるだろう。 ハワイの一時の後はエジプトが待っている。2018.01
トランプ大統領とファースト・レディーからの私宛のクリスマスカード
2018年はイスラエル・パレスチナ問題決着、北朝鮮対処、サウジ・イラン武力衝突へ誘導、等々トランプ大統領の真価が問われる年。だが大統領に選ばれた最大のわけはアメリカの政治指針の大転換。
世界をペテンにかける天才だからやれるだろうと期待している。2017.12
増田俊男の経済セミナーを東京都内で定期開催している。午後1時から5時まで3部の講演があり、夕食会では質疑応答。書くことが出来ない本当のお話しが人気。100%理解の為少数限定なのでいつもすぐ満席になることが多い。2018年にも開催を予定しているが3月の北朝鮮米本土着弾ICBM完成、ロシア大統領選と日ロ経済協力関係、米政府機能停止期限問題が控えている。さらにニッケイ4万円の兆しが見えてくるのが3月。本当の話が弾む予定になっている。2017.12
恒例のホノルルマラソンがハワイ時間10日(日曜)に行われた。今年の参加者は27,000人。42キロを走る。住まいの近くで応援していたがいつまでたっても終わらない。早い人で3時間プラス、遅い人は13時間。パイナップル帽をかぶった集団に会った。安岡さんという宝飾関係の方がリーダーで毎年メンバーが増えてもうじき200名になるという。会といってもなんの規則もなく、みんなで集まってみんなで走ろうといたって自由。翌日朝食会にお誘いを受け大変楽しかった。また来年も会えればいいなと思っている。2017.12
  中東安全保障会議のまとめ役を演じるマスダ。2017.10
  ルーブル博物館(パリ)の名物ピラミッドを吊るすマスダ。2017.10
7月28日於モナコRed Cross(赤十字)晩餐会。プリンスご夫妻。 本年も最高のテーブル(中央列・プリンスと対面)に案内され、著名な方々とお話しすることが出来た。インドのモディ大統領経済顧問のインド系銀行会長(H氏)と中国代表(北朝鮮問題に詳しいR氏)と国際諸問題につき意見交換した。H氏は帰国したら大統領との対談の準備をしてくださるとのこと。R氏とは近々加州代表部(サンフランシスコ)でお会いすることになった。楽しくもあり、有意義な時を過ごすことが出来た。協賛金ご協力の皆様に感謝。2017.07
CIA、ペンタゴン、FRBのインサイダーと言われるMr. Jim Rickards氏からMIDASファンド(ジム考案の金鉱会社連続投資法)の仕込み時は7月3日から1か月間と指示、金現物、金証券買いのタイミングでもある。 底で買うのが投資の原則!Jimさんは市場が底を打つ日と期間がわかる人。2017年7月 
Ritz Paris (リッツ パリ)のバンドーム広場に面した正面玄関側の客室は、ベルサイユ宮殿を思わせる天井が通常の三倍の高さがあり豪華天蓋付きのベッドなど、世界のセレブの憧れるところでもあります。2017年6月 
  リッツ・パリのガーデンパーティーにて、通信社女史と真剣論議2017年6月
トニー・シェーファー氏(元軍情報副司令官)は、トランプの腹心、ロシア・ゲート問題で国家安全保障大統領首席補佐官辞任に追い込まれたマイケル・フリン氏(元国防省情報局長)と共に私が関与するシンクタンクのシニア・フェロー、ホワイトハウス前のホテルで会談。
   ロスチャイルドのモナコ事務所前。2017年4月
 キューバ革命戦士ゲバラは今でもキューバの英雄。Cubaにて。2017年3月
Mar A Lago Clubはトランプ大統領夫妻と安倍首相夫妻が仕事抜きで一時を過ごしたトランプグループ所有パームビーチの超高級クラブ。2017年2月
トランプ・タワー in New York 2016年12月
 ジョン・ロバート・ボルトン氏
アメリカ合衆国の政治家・外交官。元米国国連大使
トランプ次期大統領の外交顧問、ネオコン系、入閣確実
 アレキサンドリア(米バージニア州)のフリーメイソン・ロッジ(元ルイジアナにあった)は
アメリカ合衆国建国の父初代大統領ジョージ・ワシントンの館。
合衆国議会、ペンタゴン、CIAそしてFRBまですべてユダヤ資本のコントロール下である。2016年10月
 
Former Trasportation Minister Mr. Norman Mineta
ミネタ氏は同時多発テロ2001年9月11日時の運輸長官。事件直後の飛行全面禁止時、特別機でアラブ重要人物数名を帰国させた。私は彼と9/11の秘密を共有しといる。
トランプ・インターナショナル・ホテル ワシントンDC
米大統領候補のトランプ氏が経営するホテルが9月12日オープンしました。
旧郵便局の建物を2億ドルかけて改築した高級ホテルです。2016年9月
モナコ法務大臣フィリップ・ナミーノ氏と
ナミーノ氏はプリンス・アルバート2世に次ぐモナコ2番手権力、
モナコにはロスチャイルドや欧州貴族等世界独占資本の隠家が多い。
ナミーノ氏と私たちは親戚付き合いの仲 2016年9月
  イスラエル右派のリーダー格のシャルドン・アデルソン氏。
あるイスラエル系シンクタンクの会合にて。
氏は国際カジノ王、米議会圧力団体、軍産複合体黒幕
2016年6月16日パリにて:
「マスダ・リカード共同プロジェクト・ジャパン」の打ち合わせ後、Mr. Jim Rickardsとディナー、遠くにエッフェル塔を望む

320240