増田 俊男
四十七士・速水藤左衛門の末裔
1962年 慶應義塾大(商)卒、東急エージェンシー
1974年 渡米(加州)、日本車専門修理工場チェーン、全米唯一畳製造工場
1986年 ハワイ移住、合衆国の対先住ハワイアン謝罪、土地奪還成功に尽力
1987年 ハワイ不動産開発
1990年 全不動産売却、地元紙政治・経済コラムニスト
1995年 帰国
1997年 「時事直言」創刊
1999年 ラジオ放送開始(毎朝月−金)今日に至る(4千回を超す最長番組)
2001年 Washington DCにMASUDA US RESEARCH CENTER (シンクタンク)設立
2002年 Straight From Shoulder(英字ニュースレター)創刊
2005年 Washington DCシンクタンク(軍事産業ロビイスト)に所属
同年   NY保守系シンクタンクに所属 今日に至る
2009年 「ここ一番!」(マーケット情報誌紙)創刊
同年  「小冊子」(政治・経済論文)創刊
2012年 「目からウロコのインターネットセミナー」開始
国内外で講演、セミナー、執筆活動
著書30冊以上、(「ブッシュよ、お前もか!」(2001年)、ラジオ放送、ハワイ州知事参加の会合でセプテンバー・イレブンを事前予告、大反響
欧州(チューリッヒ)金融事情に詳しい 

活動内容
*国内・海外 講演、企業経営コンサルタント、産業誘致
*政経・文化情報誌「時事直言」(since 1997)
*On Time ( オン・タイム) マーケット情報誌「ここ一番!」
*Weekly Internet Seminar 「目からウロコのインターネット・セミナー」http://movie.masuda-toshio.com/
*Monthly Booklet 月刊「小冊子」
*ラジオ放送(ラヂオもりおか)
 「逆手で勝つ〜日本復興のために〜」 (since 1999) http://radiomorioka.co.jp/streaming/sakate_katsu/
*プライベート・コンサルティング 

著 書
『日本はどこまで喰われ続けるのか』・『日本はこれから良くなる』(いずれも徳間書店)

『沈むアメリカ・浮上する日本』(風雲舎)

『破壊と創造のサイバー資本主義』(太陽企画出版)

『負けながら勝ってしまう日本』(PHP研究所)

『目ざめよ、日本』(サンラ出版)

『アメリカの細胞で日本を見ると、日本の未来が見えてくる』(サンラ出版)

『2002年日本経済バブル再来』(アスキー)

『ブッシュよ、お前もか…』(風雲舎)

『土地神話復活』(アスキー)

『2003年フセイン特需で日本は大復活する』(ダイヤモンド社)

『目からウロコのマーケットの読み方』(アスキー・コミュニケーションズ)

『2004年超円高大好況』(ダイヤモンド社)

『スーパーリッチ 大金持ちになる最強の3原則』(かんき出版)

『これから株神話が始まる!』(アスコム)

『2005年超株高大景気』(ダイヤモンド社)

『だから日本は勝つ』(PHP)

『敗者の論理、勝者の法則』(プレジデント社)

『日本経済大好況目前!』(アスコム)

『史上最大の株価急騰がやってくる!』(ダイヤモンド社)

『日本大復活』(PHP研究所)

「空前の内需拡大バブルが始まる」(ダイヤモンド社)

『そして、日は昇った!』(PHP研究所)

『日本がアメリカと世界を救う!』(徳間書店)

『またもやジャパン・アズ・No1の時代がやってくる』(徳間書店)

など多数。

アインシュタインが講演の中で言われた言葉

(大正11年11月16日から40日間滞日された)

「世界は進むだけ進んでその間、幾度も闘争が繰り返され、最後に闘争に疲れるときが来るだろう。その時、世界の人類は必ず真の平和を求めて、世界の盟主をあげねばならぬ時が来るに違いない。その世界の盟主は武力や金力でなく、あらゆる国の歴史を超越した最も古く、且つ、尊い家柄でなければならぬ。世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰り、それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならぬ。我等は神に感謝する。天が我等人類に日本という国を造っておいてくれたことを」


無料情報誌 時事直言

FAXでの送信希望の方は「氏名(ふりがな付き)」「電話番号」「FAX番号」「ご住所」をお書きの上、下記のFAX番号までお申し込みくださるようお願いいたします。
Emailで送信希望の方は、FAX同様お書きの上、こちらまでお申込みくださいますよう、お願い申し上げます。

マスダU.S.リサーチジャパン株式会社
FAX 03-3956-1313
E-mail:info@chokugen.com
www.chokugen.com/ (日本語)
www.chokugen.com/e/ (英語)